選び方

一般的なオールインワンゲルに求められる必要な成分とは

基礎化粧品とタオルと花
人気のオールインワンゲルは各メーカーから多数発売されており、そのラインナップは実に様々です。

でも、種類が多いせいで何を選べば良いのか悩んでしまって、どれがいいのか分からないという方、中には結局選べないままオールインワンゲルはまだ使ったことがないという方もいるんじゃないでしょうか?

そんな時は配合されている成分で選んでみるのがおすすめです。

一般的なオールインワンゲルに含まれている有効成分とは

肌トラブルの原因で最も多いのが乾燥です。
その為、ほとんどのオールインワンゲルが保湿効果に重点を置いています。

お肌の保湿に大切なセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった成分は多くのオールインワンゲルに配合されています。

保湿はお肌のカサつきを避けるだけでなく、ニキビ予防や老化対策にも必要です。
また、あらゆる美容成分をお肌の奥まで送り届ける為にもお肌を潤わせて柔らかくしておくことは大変重要です。

オールインワンゲルに入っていて欲しい美容成分

お肌悩みが明確な人はそれに合った成分が含まれているオールインワンゲルを選びましょう。

例えばお肌のシワやたるみで悩んでいる人は、エラスチンやレチノール、ナイアシン、コラーゲンといったお肌にハリや弾力を与える美容成分が含まれている物がおすすめです。

美白効果を得たい人は、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸配合のゲルが良いでしょう。
また、ビタミンC誘導体はニキビ跡のケアにも効果が期待できます。

ニキビができやすい人や、乾燥が深刻な敏感肌の人は和漢植物エキスでできているオールインワンゲルがお肌への負担が少ないので最適です。

一つで済ますなら欠かせないバリア成分

オールインワンゲルは、一つで化粧水から美容液、乳液のベーシックな全ての役割を果たすのですから、うるおいを与えて閉じ込めて守る。
そのための美容成分がポイントです。

そして、その潤いを閉じ込めて守る役割を果たすのが「セラミド」です。
セラミドは、肌の一番表側にある細胞と細胞のすき間を埋めて、肌内部のうるおいを逃がさないように守っている働きがあります。

化粧水で潤いを与えてもすぐに蒸発してしまうように、閉じ込めるには美容液や乳液に含まれる油分が必要です。
その油分の役割をしているのが、細胞間脂質でその細胞間脂質の半分近くを占めるのがセラミドなのです。

ワンステップで済ますならセラミドは必須と言えます。

どれだけ刺激を排除しているかもポイント

エタノールや石油系界面活性剤、合成香料、着色料といった添加物が使われていない天然成分で作られたオールインワンゲルならどんな肌質の方でも安心して使用することができます。

与えると同時に、石油やアルコールといった成分や化学合成成分は肌への刺激となりますから、良いものを与えると同時に刺激成分は極力避けるという考え方も必要です。

オールインワンゲルに含まれている成分は物によって違うので、自分に一番合ったものを選ぶことが美肌への近道です。

お気に入りのオールインワンゲルを見つけて、手軽で高い効果のあるスキンケアを実現させましょう。

-選び方