選び方

敏感肌でも使いやすいオールインワンゲルのタイプとは

鏡を見て肌荒れを気にしている女性
以前はよく乾燥肌とオイリー肌の2種類で肌質を分けていましたが、最近では敏感肌というタイプの人が増えているそうです。

さらに近年は美容業界もナチュラル志向が強まっており、化粧品も高い効果のみを追求したものではなく、刺激の少ない優しいものが人気になっています。

敏感肌の原因と症状

敏感肌には特にコレと言った規定や病名はありません。

一般的に、新しい洗剤で洗った衣服を着たら肌がピリピリしたり、化粧品を変えた途端にお肌が荒れたり赤くなってしまう肌質のことを敏感肌と呼んでいます。

敏感肌の原因は体質や食生活の乱れ、間違ったスキンケアを行っているなど様々です。
その中でも特に多いのが皮膚のひどい乾燥です。
お肌が慢性的に乾燥状態にあると、皮膚のバリア機能が失われて外部からの刺激を受けやすくなります。

その結果、化粧品に含まれている微量のアルコールや添加物にもお肌が敏感に反応して、すぐに肌荒れを引き起こしてしまうのです。

敏感肌の人におすすめのオールインワンゲル

敏感肌には丁寧なスキンケアで保湿をしっかりと行うことと、同時にお肌のバリア機能を高めてあげることが大切です。

オールインワンゲルには無添加処方にこだわった、和漢植物エキス配合の敏感肌の人でも安心して使えるものがあります。

セラミドやアミノ酸にはお肌本来のバリア機能をアップさせる働きがあるので、これらの成分が含まれているオールインワンゲルもおすすめです。
また敏感肌の人の場合は特に、過度なスキンケアや手やコットンで肌を擦るのも良くないので注意が必要です。

オールインワンゲルは洗顔後これ1本でスキンケアが完了するので、刺激を最小限に抑えることができ、手が肌に触れる回数を減らすこともできるのでおすすめのアイテムです。
敏感なお肌に強い刺激の化粧品でケアすると逆効果になってしまうことがあります。

そんな時はシンプルでもしっかりとスキンケアできる敏感肌用のオールインワンゲルが最適です。

敏感肌だから薬用化粧品という認識は必要か?

敏感肌なら医薬部外品の「薬用化粧品」を選ぼうという認識を持っている人も少なくないでしょう。
医薬部外品は効果や効能が謳えますので、安心感が高いとも言えます。

薬用化粧品は厚生省が認めた穏やかな効果が認められた成分を、決められた範囲内で配合されて化粧品ということですが、シミやそばかすへの効果を認めた成分が主なようです。

うるおいや小ジワ・たるみに対しては、指定成分として配合されていないのかな?
というのがいろいろな化粧品の成分をチェックしてきた個人的感想です。

ですので、これまでいろいろなオールインワンゲルに限らず化粧品を使ってきた印象としては、薬用化粧品にこだわる必要性というのは感じていません。
ただし、選ぶ際には敏感肌のための化粧品から選ぶことをおすすめします。

メーカーの考えや主張を吟味して選ぶと良いと思います。
また、アレルギーテストや無添加についても項目が多いものをチョイスすると良いです。

-選び方