選び方

ニキビが出来やすい脂性肌の人が選ぶオールインワンゲルはこれ

ニキビを気にする女性
脂性肌とは別名オイリー肌とも呼ばれていますが、皮脂の分泌が過剰な肌質のことを言います。

脂性肌になってしまう原因は体質もありますが、ホルモンの関係で思春期の頃と30代後半から40代頃になりやすいとも言われています。

スキンケアをシンプルにするオールインワンゲルを選ぶ方が増えていますが、オイリー肌の人が選ぶべきオールインワンゲルについてご紹介します。

ただ、その前に脂性とニキビの関係から

脂性肌とニキビの関係

皮脂の分泌は男性ホルモンが担っており、思春期の頃は男女ともに男性ホルモンの分泌量が増えるため一時的に脂性肌になる人が多いです。
しかし18歳頃になると皮脂分泌は落ち着き、逆に年齢を重ねるに連れて乾燥肌へと変わることが良くあります。

そんな中、大人になっても脂性肌の人は、偏った食事や生活習慣の乱れ、ストレスが原因になっていると考えられます。

ただ、適切なスキンケアができていれば、皮脂過剰はそれほど問題視することではありません。

問題なのは、スキンケア不足によって毛穴が塞がっていると、そこに皮脂が大量に分泌されることでニキビの原因菌であるアクネ菌を繁殖させてしまうという点です。
ニキビを作らない為には毛穴を詰まらせないことと、皮脂の過剰分泌を抑制させる必要があります。

ニキビでお悩みの脂性肌の人に使って欲しいオールインワンゲル

脂性肌はテカりやすいので油分は必要ないという考えは間違いです。

脂性肌でも水分と油分をバランス良くお肌に浸透させることで体内からの余計な皮脂分泌を抑えることができます。

オールインワンゲルなら水分と油分両方が配合されており、保湿効果も期待できます。
特に、皮脂の分泌を抑制する働きのあるビタミンC誘導体の美容成分が入っているオールインワンゲルはおすすめです。

サラッとした仕上がりのオールインワンゲルを選べば、脂性肌の人でも使いやすいはずです。
ニキビができている時はお肌が敏感になっているので、オールインワンゲルで優しくスキンケアしてあげることがトラブル解消への近道です。

オールインワンゲルには無添加処方にこだわったものもたくさんあるので、低刺激なものを選ぶようにしましょう。

-選び方